取引履歴の開示義務


貸金業者に取引履歴の開示請求をしても『取引履歴の開示義務はない』と反論されることが多々あります。 確かに法律上では貸金業者に開示義務を定めた規定は無いのですが、 貸金業者には信義則上の開示義務があると考えられています。

また金融庁の事務ガイドラインでも、 『貸金業者は債務者、保証人その他の債務の弁済を行おうとする者から帳簿の記載事項のうち、 当該弁済に係る債務の内容について開示を求められたときに協力すること』と定められています。

そして平成17年7月19日に最高裁判所第三小法廷にて 貸金業者の債務者に対する取引履歴開示義務を認める判決がありました。
詳細⇒

また平成17年1月25日の大阪高裁の判決では、GEコンシュマーの取引履歴非開示に対する慰謝料が認められています。
詳細⇒

無料メール相談受付

一人で悩んでいても問題は解決しません。でも、どこに相談したらいいのか...と迷っているのなら、 まずは司法書士 阿曽剛事務所を利用してはいかがでしょうか?

日本全国対応ですし、過払い請求専門の司法書士が親身になって相談に乗ってくれます。

↓無料相談申し込み↓

■取引履歴の請求等について
取引履歴の開示請求
取引履歴の開示義務
取引履歴の一部のみ開示
貸金業者が0円和解を要求

■過払い金返還請求MENU
過払い金の基礎
取引履歴の請求等
引き直し計算等
返還請求の通知等
訴訟前の準備等
訴訟中の対応等
グレーゾーン金利とみなし弁済
各社の連絡窓口一覧
過払い金§用語辞典
訴訟なしで過払金を払ってくれる会社⇒[詳細]
おまとめローンの問題点
簡単!特定調停の方法
過払い・債務問題ニュースTips

(c)過払い金請求.net