債務が増えるだけのおまとめローンの問題点について詳しく解説しています
おまとめローンの問題点
日本全国どこでもOK
無料相談受付中

「おまとめローン」は複数の借り入れを一本化して利息制限法の金利にて借り換えることで、 一見、金利が減って月々の返済が楽になると思われがちですが、 安易に申し込んだばかりに更なる債務を抱えてしまい、苦しんでいる方は少なくありません!

まず、知っておいていただきたいのが「おまとめローン」は単なる借り換えにすぎないと言うことです。 借金を一本化しようと考える原因は、多重債務になっているということですよね? つまり複数の消費者金融から借金があり、月々の返済が苦しいので一本化したいと考えるのですが、 借入先が一社にまとまって金利が減っただけで元々の債務はそっくり残っているわけです。

もし「多重債務を解決したい」あるいは「借金を減らしたい」と、お考えなら「おまとめローン」では根本的解決になりませんよね。 そればかりでなく「おまとめローン」には様々な弊害が潜んでいます。

@実質的には債務が増えるィ
一本化してしまうと任意整理などを行えばできたかもしれない引き直し計算による債務の減額の機会を失ってしまいます。 また過払い金が発生している場合はもともと払う必要のなかった債務まで返済することになります。

A新たな多重債務者を生むィ
おまとめローンには保証人が必要な場合が多く、債務者が返済できなくなった場合は保証人が払わなければなりません。 最悪のケースでは債務者本人だけではなく、保証人までも債務整理に追い込まれてしまいます。

B親兄弟の不動産まで狙われるィ
保証人のほかに「不動産担保ローン」なる担保を取って一本化するものもあります(消費者金融では、アイフル一社が展開中)。 債務者本人に不動産が無くても、親兄弟が持ち家などの不動産を持っている場合にはコレを担保にするように誘導する悪質な業者もいます。 親の持ち家を担保にまとめた人が結局支払不能になり、家を失ったショックで親が自殺してしまったと言う悲しい事件まで引き起こしているのが現実です。

C喜ぶのは消費者金融だけィ
結局おまとめローンで喜ぶのは、借金の元本のほかに利息制限法を越えた金利分までも回収できる借り換え前の消費者金融だけです。 払う必要のない、ましてや消費者金融から返してもらえる過払い金までも、 新たな借金として払い続けるなんて理不尽なことがあって良いのでしょうか?

D更なる債務の危険性ィ
おまとめローンでせっかく完済できた貸金業者との関係が断ち切れずに、空いた枠からさらに借入してしまい、これまで以上の債務を重ねてしますケースも少なくありません。 まとめなければ当然借りられなかったのですから、これも「おまとめローンの弊害」と考えても差し支えないと思います。


一人で悩んでいても問題は解決しません。でも、どこに相談したらいいのか...と迷っているのなら、 まずは過払い請求相談センターの無料相談を利用してはいかがでしょうか? 日本全国対応ですし、過払い請求専門の司法書士や弁護士(担当地域により事務所が異なります)が親身になって相談に乗ってくれます。

↓無料相談申し込み↓
過払い金で借金返済!
全国対応!無料相談

債務整理の考え方
@弁護士や司法書士など法律の専門家に相談する。
  
A過払い金が発生していれば債務の完済だけでなく、逆にお金が戻ってくるケースも多数ある。
  
Bそれでも返済不可能な債務額が残る場合は、任意整理や個人再生などで借金の減額をする。
  
Cどうしても返済の目処が立たない場合は裁判所に自己破産を申し立てて、免責が認められると借金が全て帳消しになる。
もしも「おまとめローン」を組んでしまった場合
この場合も弁護士や司法書士など法律の専門家に相談することが重要です。 まとめた後でも元々借り入れをしていた消費者金融に過払い金の請求は出来ますし、 「おまとめローン」からの借入は任意整理など、上記の考え方で債務整理をすればよいのです。
関連情報サイト
過払い金請求の方法
自己破産の基礎知識
過払い金・多重債務関連ニュースTips
(c)過払い金請求.net