個人でも申し立てが可能な債務整理の方法〜特定調停について詳しく解説しています
特定調停で債務整理する方法
個人で出来る!特定調停の申し立て
日本全国どこでもOK
無料相談受付中

特定調停とは?
特定調停は『債務の支払不能(破産)』が予測される状況にある債務者を救済するために、 裁判所が選任した調停委員が債権者と債務者を仲介して、話し合いによる弁済計画の策定を図る制度です。

また申し立ての手続きが個人再生などと比べて簡単なことや、費用についても1社当たり1000円程度の出費で済むので、 弁護士や司法書士に頼まずに自分で債務整理をと、お考えの方にはオススメの制度です。

しかし、特定調停は調停委員の知識や経験で調停の内容が左右されることが多く、 申し立て者本人も特定調停の進め方や調停の事例などは知っていたほうが、自分にとって有利になることがあります。

債権者となる消費者金融などは過払い金が発生している場合、 ウソの取引履歴しか裁判所に提出しないケースも多々ありますので、 その対抗策として申し立て者本人の知識や事前の準備が必要になるのです。

当サイトでは特定調停の申し立ての手続きや、事前に知っておきたい具体例などについて解説しています。
貸金業法の改正や全国で相次ぐ過払い金訴訟で、過払い金を個人で請求するのは年々難しくなっています。でも、どこに相談したらいいのか...と迷っているのなら、 まずは過払い請求相談センターの無料相談を利用してはいかがでしょうか? 日本全国対応ですし、過払い請求専門の司法書士や弁護士(担当地域により事務所が異なります)が親身になって相談に乗ってくれます。

↓無料相談申し込み↓
法律家が親身に応対
債務整理の無料相談

■特定調停解説マニュアル■
特定調停の手続き
特定調停の対象になる人
特定調停に必要な費用
特定調停の申し立て先
申し立ての必要書類

特定調停の流れ
【1回目期日】
【2回目期日】
債権債務なしとは?
調停不調とは?

特定調停のメリット
特定調停のデメリット
特定調停の注意事項

知っ得!貸金資料
借金の消滅時効とは?
貸金業法の改正内容は?
みなし弁済制度とは?
おまとめローンの問題点とは?

過払い・債務問題ニュースTips
(c)過払い金請求.net